目次

「アクティビティ」ウィンドウ

「アクティビティ」ウィンドウはApertureがバックグラウンドで行っている作業を確認する為のウィンドウです。

例えばRAWイメージの読み込みをしている場合、メディアからデータが読み込み終わった段階で、通常のブラウザ表示になりますが実はバックグラウンドではRAWデータからプレビューファイルの作成をおこなっています。

通常の状態では、それを確認できるのはツールストリップ内に表示される「処理中...」と表示される回転進行状況インジケータだけで、処理の進行状況が判りにくいです。

そこで「アクティビティ」ウィンドウを使用します。

「アクティビティ」ウィンドウの表示

メニューバーから「ウィンドウ」>「アクティビティを表示」を選択します。

ウィンドウ内での操作

タスクを一時停止

タスクを一時停止します。止めたいタスクを選択してからボタンを押さないと停止しません

タスクをキャンセル

タスクをキャンセルします。読み込みは途中で止められ、プレビューの作成も止まります。キャンセルされたプレビューはそのイメージを何らかの操作をした場合に自動的に作成されます。