目次

削除(バージョン/マスターイメージ)

バージョンとマスターイメージのAperture側からの削除は関連づけられているため注意が必要です。基本的には以下のような流れになります。

バージョン/マスターイメージ

1.ブラウザーから目的のバージョンを選択。
2.メニューバーの「ファイル」>「バージョンを削除」(「Command +delete」/マウスの右クリックで選択)を選択
3.Aperture内の「ゴミ箱」にバージョンが移動。
4.Aperture内の「ゴミ箱」を選択した後に、メニューバーの「Aperture」から「Apertureのゴミ箱を空にする...」(マウスの右クリックで選択)を選ぶ
5.アラートが表示されるので「削除」ボタンをクリックします。

ここで理解しておくべきことは「バージョンを削除」というコマンド名ですが、バージョンの項目をAperture内から完全に削除する場合は実質的にはマスターイメージも削除(Finderのゴミ箱に入れる)してしまうということです。(※バージョンの複製を使った場合は削除しても他にそのマスターから生成されたバージョンがあれば削除されない)

もう一つは、Apertureからの操作ではマスターイメージのデータを削除することができないことです。最終的な削除はFinderを使って削除になります。

バージョンが複数ある場合の処理

マスターイメージとすべてのバージョンを削除

通常の「バージョンの削除」と異なり、1つのマスターから生成されたすべてのバージョンを「ゴミ箱」に入れます。