目次

バージョンを書き出す

「バージョンを書き出す」を使うことによってAperture内で管理/調整されたバージョンを書き出すことができます。

1.書き出したいバージョンをブラウザ等で選択します。
2.メニューバーから「ファイル」>「書き出す」>「バージョン...」を選択するか、「Command + Shift + E」キーを押します
3.ダイアログが表示されるので目的の設定をし「バージョンを書き出す」ボタンをおして書き出します。

項目の内容

書き出しのプリセット

イメージ書き出しプリセット」参照

サブフォルダのフォーマット

保存先に更にフォルダを作り書き出したイメージを入れる際にフォルダ名に「フォルダ名プリセット」の内容をポップアップメニューから選択し利用する事ができます。また「編集...」を選ぶ事によって「フォルダの命名規則」ウィンドウを表示してプリセットを作成/編集することができます。

サブフォルダのカスタム名

選んだ「フォルダ名プリセット」の要素にカスタムがある場合に、そのカスタムに適用する名前を設定します。

名前のフォーマット

書き出すバージョンのファイル名に名前のフォーマットのプリセット」をポップアップメニューから選択してフォーマット化された名前を付けることができます。

カスタム名

名前のフォーマットのプリセット」にカスタムがある場合に、そのカスタムに適用する名前を設定します。

ファイル名の例

「名前のフォーマット」「カスタム名」で設定される名前の例を表示します。

終了時に警告を表示

書き出しの終了時にダイアログを表示します。