目次

カメラからの写真の読み込み

カメラで撮影した内容を「読み込む」を使ってAperture内に読み込みます。

カメラとMacの接続

Macとの接続はカメラに直接USBで接続するのも良いでしょうし、メモリを抜き出しメモリカードリーダーなどを利用するのも手です。Apertureのマニュアルではメモリカードリーダーを利用する事を推奨しています。これは同じUSB接続においても読み込み速度によって速度差があり、一般的にカメラの機能が遅いとしているからです。また同時にカメラでの転送時にはカメラを常時電源をオンにしなくてはいけないのでバッテリーの消費があることもデメリットとしているからです。

いずれかの方法でMacと接続すると使用状況によって下記のいずれかの動作をします。

Apertureが起動する

Apertureをまだ起動していない場合、Apertureが起動します。

iPhotoもしくは別のアプリケーションが起動する

Apertureを導入してまだ起動していないか、初回起動時に現れるダイアログにて起動アプリケーションとしてApertureを選択していなかった場合。

何も変わらない

「イメージキャプチャ」アプリケーションで意図的に起動アプリケーションが設定しないか、カメラとの直接接続の場合はカメラ側がPC接続の設定になっていないため。

通常はApertureを導入し初回起動時に起動アプリケーションとしてApertureを選択するダイアログでApertureを選択します。

しかし、何らかの都合で選択しなかった場合や、Apertureの後に導入したアプリケーションによって設定が変わってしまう場合はあります。こういった場合は、「環境設定」>「読み込み」で設定する事ができます。

読む込むイメージを選択/読み込み

1. 接続が完了したら、Apertureにてツールバーの「読み込み」ボタンをクリックします。
2. 「読み込み」パネルが表示されるので目的のカメラもしくはメモリを選択します。すると「読み込み」ブラウザに読み込む写真のサムネールが表示されます。
3. サムネールの下にチェックボックスが表示されていますので、読み込みたいイメージのチェックボックスをオンにします。「読み込み」ブラウザ左上部には「すべてにチェックを付ける」「すべてのチェックを外す」ボタンがありますので状況に応じて使用します。
 
4. 「読み込み設定」を適用したい場合は設定をします。(参考「読み込み設定」)
5. 「読み込み」ブラウザ右下にある「チェックを付けた項目を読み込む」ボタンをクリックします。
6. 読み込みが完了したら「読み込み完了」のアラートが表示されます。

ポイント

写真の読み込み経過は「ライブラリ」インスペクタ上に表示されている読み込み先のプロジェクトの右側にアイコンかツールバーの欄で大まかな経過を確認できます。より詳しくは「アクティビティ」ウィンドウで確認できます。

注意点としては「読み込み完了」のダイアログが表示されてもAperture内の処理が完了した訳ではない事です。Apertureはデータの読み込み後に状況に応じた処理をおこないます。例えばRAWデータのみのデータを読み込んだ場合はプレビューの作成や、読み込み設定をした場合はそれらの処理です。その状況は「アクティビティ」ウィンドウで確認かツールバーの欄で大まかな経過を確認できます。