目次

読み込み設定

イメージを取り込む際に単に読み込むだけではなく「読み込み設定」を使う事により、読み込みの際に様々な設定を追加/調整して読み込む事ができます。

「読み込む」ブラウザが表示されて際に右上部にある「読み込み設定」ポップアップメニューから設定したい項目を選択/表示させ設定をおこないます。

ファイル情報

ブラウザで選択されているイメージのファイル情報を表示します。

ファイルを名称変更 

「名前のフォーマットのプリセット」を使って読み込みの際に名称変更おこなう設定をします。

時間帯

イメージに設定されている時刻を設定により変更します。

メタデータプリセット

メタデータプリセットを利用してイメージの読み込み時にメタデータを付加します。

調整プリセット

調整プリセットを利用してイメージの読み込み時に調整をします。

ファイルタイプ 

ファイルタイプによって読み込みするかどうかを切り分けます。

RAW + JPEG のペア

「RAW + JPEG」で撮影されたデータの扱いを設定します。

アクション

AppleScriptアクションを利用して読み込み時にアクションを適用します。

バックアップ先

保存先を設定する事によって、イメージの読み込みの際、ライブラリ以外に設定された保存先にもデータを保存します。

デフォルトに戻す

標準設定に戻します。

特に設定の表示を追加していない場合は「Apertureライブラリ」の設定が表示されています。

保存先

読み込むイメージを既存にあるプロジェクトに収納するか、新規にプロジェクトを作成するかを設定します。

プロジェクト名

新規でプロジェクトを作成する場合の名前を設定します。

プロジェクトを自動的に分割

環境設定で設定された間隔で写真を読み込む際にプロジェクトを分割します。これは新規プロジェクトを作成して読む込む場合に使用できます。

重複したファイルを読み込まない

ファイル名を基準に重複したファイルを読み込まないようにします。