目次

「参照イメージ」から「管理されたイメージ」への変更

「参照イメージ」から「管理されたイメージ」への変更は「プロジェクトのマスターを統合」/「マスターを統合」を使用します。

「プロジェクトのマスターを統合」/「マスターを統合」

「ライブラリ」インスペクタでプロジェクトを選択している状態であれば「プロジェクトのマスターを統合」、ブラウザで目的のイメージを選択している状態であれば「マスターを統合」が、メニューバーの「ファイル」を選択すると表示されます。

メニューを選択するとアラートが表示され、2種類の処理を選択できます。

ファイルをコピー

参照イメージのマスターファイル(マスターイメージ)を「Apertureライブラリ」へコピー(オリジナルは残る)します。

ファイルの移動

参照イメージのマスターファイル(マスターイメージ)を「Apertureライブラリ」へ移動(オリジナルは消去)します。

処理を選択して「OK 」を押すと、「参照イメージ」から「管理されたイメージ」へ変更されます。確認としてはサムネールやビューアでの表示の際に右下に表示されていた参照イメージのマークが消えます。

注意点

この操作は取り消しができません。そのため、参照イメージに戻したい場合は「マスターの場所を変更.../プロジェクトのマスターの場所を変更...」を使用して変更をします。