目次

マスターを再処理

以前バージョンでApertureでRAWデコードされたイメージは、ライブラリを新しいバージョンに引き継いでも自動的に新しいバージョンでのRAWデコード処理はされていません。そこで手動で「マスターの再処理」を使って新しいバージョンのRAWデコード処理を適用します。

再処理するには2つの方法があります。

目的のイメージを選択している状態で「調整」パネルに表示される「再処理」ボタンを押す。
目的のプロジェクト/アルバム/ライブラリ(「ライブラリ」インスペクタ内の「写真」)を選択して「マスターを再処理...」を使って処理をする

「マスターを再処理...」メニュー

  1. 目的のプロジェクト/アルバム/ライブラリ(「ライブラリ」インスペクタ内の「写真」)を選択
  2. メニューバーの「写真」>「マスターを再処理...」を選択、目的の内容を選択して「写真を再処理ボタン」をクリック
     

再処理したい写真を選択してください

すべての写真

選択された対象をすべてを処理

調整が含まれる写真のみ

調整が適用されているイメージのみを処理

調整が含まれない写真のみ

調整が適用されていないイメージのみを処理

再処理した写真用に新しいバージョンを作成しますか?

既存のバージョンを再処理

すでに作成されているバージョンを再処理

既存のバージョンを保持して新しいバージョンを再処理

過去のApertureで現像されているバージョンを残して、現在のApertureで現像されてたバージョンを新規で作成

参考:「Aperture 3:アップデートされた RAW 画像処理