目次

GPS計測機器のデータを読み込む/写真と組み合わせる

GPS機器を利用することによってGPSのデータを記録することができます。様々なGPS 機器がありますが、注意したいのはApertureが対応しているデータ形式です。GPX形式とLog形式をサポートしており、それ以外のフォーマットの場合は何らかの変換等を利用する必要があります。

データの読み込み

データの読み込みには「GPS」ポップメニューから「GPSトラックを読み込む」を選択し、表示されるダイアログから目的のファイルを選びます。

これで地図上にGPSのデータから作成されたGPSトラックが表示されます。表示されているトラックにマウスのカーソルを合わせると、その場所にいた時の時刻が表示されます。

読み込んだGPSのデータ上と写真を組み合わせる

作成されたGPSトラック上に写真をドロップするだけで写真とGPSのデータが組み合わせることができます。トラック上にドロップする際にGPS時刻と写真の撮影時間との時間差が表示されます。「0時間0分」と表示される場所が適切な場所なのでそこでドロップします。

この操作を繰り返すことによってそれぞれの写真を配置していくことができますが、先ほど配置した写真とGPSトラックの関係を参考に現在のプロジェクトやアルバム内の写真を自動的に配置することができます。

手動でGPSトラック上に写真を配置した後に地図上の下部に「取り込み時間に基づいて写真の位置情報を自動的に割り当てます」と表示されるボタンがありますので「位置情報を割り当てる」ボタンを押します。

配置後