目次

iPhoneで撮影した写真のGPSデータを利用する

iPhoneで撮影する写真にはGPSによる位置情報が記録されています。これをウェイポイント(撮影地)として利用します。実際のイメージとしてはGPSの無いカメラで撮影する際の、事前/事後にiPhoneで撮影をしておく感じです。何も写ってなくても良いですが写っていた方が写真との照らし合わせがし易いので便利です。

iPhone内の写真からGPSを読み込む

iPhoneで撮影した写真をGPSデータの呼び出しに利用するには、iPhone内から写真をApertureに読み込む必要はありません。

※もちろん、既にiPhoneから読み込んだ写真に含まれるGPSデータを利用することもできます。しかしこれはあくまでも既にGPSデータをもった写真を参考しているにすぎないので大した意味はありません。

  1. 「GPS」ポップメニューから「iPhoneの写真からGPSを読み込む」を選択します。
     
  2. iPhone内のカメラロール内の写真を表示するダイアログが表示されます。ここからGPSのデータを読み込みたい写真を選択します。選択が終わったら「OK」ボタンを押します。この際、iPhoneから写真が読み込まれることはありません。
     
  3. 読み込みが終わったら地図上に撮影地情報が表示されています。これらのポイントに写真をドロップして配置していきます。