目次

カメラデフォルトとして保存/プリセットとして保存

「RAW 微調整」の設定内容をプリセットとして保存して簡単に設定を呼び出すことができるほか、さらにカメラデフォルトとして設定することで、読み込んだRAWファイルをデコードするデフォルトの設定にすることができます。

プリセットとして保存

調整した設定内容をプリセットにすることによって、即座に撮影した状況にあった「RAW 微調整」内容をすることができます。例えば、人物を中心に写した写真向けの色相ブーストを下げたプリセット、高いISO値で撮影した時ようのノイズ除去設定のプリセット、モアレが発生し易いレンズ向けの設定、といった感じにです。

1.「RAW 微調整」を目的の設定にし、「RAW微調整」調整の「アクション」ポップアップメニューから「プリセットとして保存」を選択します。
2.「RAW 微調整 調整プリセット」ダイアログが表示され、名前の欄を入力できるようになっているのでプリセットの名前を入力し「OK」ボタンをクリックします。
3.「RAW微調整」調整の「アクション」ポップアップメニューをクリックすると先ほど作成したプリセット名がありますので、これ以降、プリセットを使用したい場合はメニューから選択するのみです。

プリセットを削除

1. プリセットを削除したい場合は、「RAW微調整」調整の「アクション」ポップアップメニューの「プリセットを編集...」を選び、「RAW 微調整 調整プリセット」ダイアログを表示します。
2. プリセットの項目を選択(名称の欄にカーソルが入っていない状態)しキーボードの「delete」キーを押し、「調整プリセットを削除 」ボタンを押します。

カメラデフォルトとして保存

カメラデフォルトにするには「RAW微調整」調整の「アクション」ポップアップメニューの「カメラデフォルトとして保存」を選びます。

カメラデフォルトとしての保存には2種類の動作があります。

現在の「RAW微調整」の設定内容が既にプリセットされているものであればプリセットがカメラデフォルトに。
現在の「RAW微調整」の設定内容がプリセットされていない場合は「RAW 微調整 調整プリセット」ダイアログが表示され、現在の設定をプリセットとして保存することになります。

カメラデフォルトとして保存できたら「RAW微調整」調整の「アクション」ポップアップメニューを確認します。

ポップアップメニュー内には作成されたプリセットがリスト表示されており、現在カメラデフォルトとなっているプリセットにはプリセット名の後ろに「カメラデフォルト」が続けて記載されています。

初期値のカメラデフォルト(Apple社が用意しているもの)は「Apple」です。元に戻したい場合はプリセットから「Apple」を選びます。