目次

「RAWをマスターとして設定」/「JPEGをマスターとして設定」

読み込むメディアがRAW(あるいはDNG)とJPEGの両方を含んでいて、「RAW + JPEG」で「両方(JPEGをマスター)/両方(RAWをマスター)」を設定して読み込んだ場合、マスターには両方(RAW/JPEG)のファイルを含んでいます。その際に、RAW/JPEGのどちらをマスターとして使用するかを切り替えることができます。

切り替える方法

現在マスターがJPEGの場合
メニューバーの「写真」>「RAWをマスターとして設定」
現在マスターがRAWの場合
メニューバーの「写真」>「JPEGをマスターとして設定」

プロジェクト内をすべて変更する方法

実例

1. RAW+JPEGで撮影した素材(Panasonic LX2)を用意します。読み込み時の表示は下記のようになっています。RAWが表示されていませんが、拡張子以外は同じ名前のファイル名のペアがあることがわかります。5枚目はあえてカメラ側でエフェクト効果(セピア)を設定して撮影しています。
2. 両方(JPEGをマスター)で読み込みます。読み込んだ後のプロジェクト内は写真のようになっています。このことから1つのバージョン内にRAWとJPEGがまとめられているように思われます。
3. 5枚目の写真をビューアで確認します。カメラの仕組み上、撮影時のエフェクト効果はJPEGファイルのみに適用されRAWファイルには適用されません。そして、「メタデータ」インスペクタの「カメラ情報パネル」の表示が「JPEG」と表示され(参照:現在のマスターとして使用しているフォーマットの確認)、調整パネルには「RAW微調整」項目が表示されていません。このことから現在表示されている内容はJPEGファイルの内容が表示され、操作できることを表しています。
4. マスターをRAWに切り替えます。メニューバーから「写真」>「RAWをマスターとして設定」を選びます。
5. マスターの内容がRAWに替わることによって表示されるイメージがカメラによるエフェクト効果がかかっていないRAWデコードした内容になります。そして「メタデータ」インスペクタの「カメラ情報パネル」の表示が「RAW」と表示され、更に調整パネルには「RAW微調整」項目が表示されます。