目次

モアレ/半径 (RAW 微調整)

「モアレ」/「半径」では、デジタルカメラ内部処理の不十分なアンチエイリアシング処理によって発生する、イメージ内のモアレ(エッジ(直線部分等)の偽色や歪みによる画像の乱れ)をデコード処理の段階で補正します。

調整項目は過去のバージョンのApertureでデコードされているものは使用できません。使用する際はデコードを更新しましょう。

モアレ

モアレを抑制する強さを調整します。多くの場合が「半径」パラメータを増加させておかないと効果が適切に発揮されません。

半径

モアレを発生させる高周波成分(細かさ)の領域に「モアレ」パラメータの要素を与えるための対象範囲を決めます。

モアレ1.00 半径0.00 モアレ1.00 半径25.00

その他

モアレ補正中は「ノイズ除去」の効果を切った方が問題を確認し易く作業がし易いです。