目次

カーブ

カーブを使うことによって、トーンカーブを使っての色調の調整ができます。

カーブ前 カーブ後(独自のコントラスト感と色合い)

カーブの呼び出し

調整アクションのポップアップメニューから「カーブ」を選択

カーブ

1.調整アクションのポップアップメニューから「カーブ」を選択
2.グラフに表示されているヒストグラムを確認し、ホワイトポイントのスライダをドラッグしてハイライトの位置に合わせます。ブラックポイントのスライダも同様です。
3.もしハイライト部分に使用されていないヘッドルーム(RAWの場合のみ)があるようであれば、「範囲」のポップアップメニューから「拡張」を選ぶことによって通常使用しないハイライト情報の範囲まで調整することができます。
4.コントラスト等を調整する為にグラフ上の表示されているラインを加工します。ライン上をクリックするとポイントを追加することができます。複数ポイントを作りポイントをドラッグで調整します。
5.R/G/B各チャンネルを個別に調整することによって独自の色調にすることができます。チャンネルのポップアップメニューから目的のチャンネルを選ぶことによって、それぞれのチャンネルのグラフとラインを表示し加工することができます。
6.「RGB」表示に戻った際に、チャンネルのポップアップメニューから「RGBオーバーレイを表示」を選択すると各チャンネルの加工したカーブの内容を表示することができます。

※このようにカーブの調整で輝度バランス(露出/コントラスト等)を整えることもできますが、事前に「露出」「補正」等で整えておく方が「カーブ」での調整の操作が明快になります。また、独自の色調のプリセットを作るにも適用するにも、その素材に偏りがあっては意味はありません。

カーブの解除

カーブを解除するには

「カーブ」領域

「自動カーブ(結合)」ボタン

RGBすべてを組み合わせたイメージの輝度情報をもとに自動補正します。

「自動カーブ(個別)」ボタン

R/G/B各チャンネルそれぞれの輝度情報をもとに補正します。

「チャンネル」ポップアップメニュー

RGB / R / G / B

各チャンネルの表示に切り替え、加工することができます。

 

RGBオーバーレイを表示

チェックがオンの場合には各チャンネルのラインを。オフの場合は輝度情報のラインのみを表示します。

「ブラックポイント」スポイトツールボタン

スポイトをつかってブラックポイントを設定します。この際、スポイトした場所の色の補正だけではなく明るさもブラック(0)に補正されます。

「グレイポイント」スポイトツールボタン

スポイトをつかってグレイポイントを設定します。この際、スポイトした場所の色の補正だけではなく明るさもグレイ(128?)に補正されます。

「ホワイトポイント」スポイトツールボタン

スポイトをつかってホワイトポイントを設定します。この際、スポイトした場所の色の補正だけではなく明るさもホワイト(256)に補正されます。

「ポイントを追加」ボタン

スポイトをつかって選択した要素のポイントをライン上に作成します。作成されるポイントは「チャンネル」ポップアップメニューで選択されているチャンネルのライン上にのみに作成されます。

ブラックポイントのスライダ

ブラックポイント(最暗部)になる場所を指定します。

ホワイトポイントのスライダ

ホワイトポイント(最明部)になる場所を指定します。

「範囲」ポップアップメニュー

拡張

0%(最暗部)~200%(拡張最明部)までのヒストグラムを表示します。

 

標準

0%(最暗部)~100%(通常最明部)までのヒストグラムを表示します。

 

シャドウ

0%(最暗部)~50%(中間部)までのヒストグラムを表示します。

「イン」/「アウト」フィールド

「イン」は輝度値(X軸)、「アウト」は出力(Y軸)を表しています。

カーブの結果

自動カーブ

自動カーブ(結合) 自動カーブ(個別)

範囲

シャドウ 標準 拡張

「グレイポイント」スポイトツール

「グレイポイント」スポイトツールでグレイをスポイトした場合、その部分がグレイ補正と輝度(128)になるよう補正される。他に「ホワイトポイント」「ブラックポイント」とあるが同様の手順になる。しかしどうもホワイト/グレイ/ブラックそれぞれ複合して使うことはできないようだ。組み合わせると直前の補正の内容を基準に補正される他、そのうえで直前の補正が崩れてしまうようだ。

オリジナル グレイポイントでの補正 補正内容