目次

露出

「露出」を使うことによってイメージの露出の補正をすることができます。

露出 補正前
露出 補正後

露出の呼び出し

調整アクションのポップアップメニューから「露出」を選択

露出

1. 調整アクションのポップアップメニューから「露出」を選択
2. 「露出」領域の「露出」スライダーを動かし、明るさを調整します。右に動かすと露出が上がり、左に動かすと露出が下がります。「調整」インスペクタの上部にあるヒストグラムに注意しながら調整します。
3. 「露出」スライダーで明るく調整した場合はハイライトを潰してしまいディティールを失いがちです。「復旧」を使うことによってハイライトのディティールを取り戻します。
4. イメージよってはイメージのシャドウの要素が本来のシャドウ部分になく明る場所にあり、白っぽく感じるものがあります。この場合、「ブラックポイント」スライダーを使い整えます。

露出の解除

露出を解除するには

「露出」領域

露出

露出を補正することができます。

復旧

RAWデータで使うことによって初期状態では使用されていないハイライト部の情報を引き出しハイライトの階調を引き出すことができます。RAW以外の場合はハイライト部がそのままシフトするだけで階調は改善されません。

ブラックポイント

ブラックポイント(最暗部)の位置を変更することができます。

明るさ

ミッドトーンを軸にハイライトとシャドウを保持したまま明るさを変更します。

自動

イメージの内容を判断して自動的に「露出」パラメータを調整します。※RAWデータ時にしか使用できません。

露出の効果

露出

-2.0
-1.5
-1.0
-0.5
0.0
0.5
1.0
1.5
2.0

復旧

RAWマスター 復旧「0」(デフォルト) ハイライトが潰れている箇所がある

RAWマスター 復旧「0.9」(補正) RAWの使用されてない部分のハイライトが引き出され階調が復旧している

JPEGマスター 復旧「0.9」(補正) 復旧を使ってハイライトを引き出そうとしたが情報が無いためハイライトに空き。またシャドウー部分も動いてしまっている。

ブラックポイント

-5.0
0.0
10.0
30.0
50.0

明るさ

-0.5
-0.3
0.0
0.1
0.3
0.5