目次

レベル

レベルを使うことによって、現在のイメージのハイライト/シャドウ/ミッドトーンをヒストグラムを確認しながら調整できます。また各カラーチャンネルごとに設定することができます。

レベル前 レベル後

レベルの呼び出し

調整アクションのポップアップメニューから「レベル」を選択

レベル

1. 調整アクションのポップアップメニューから「レベル」を選択
2. 「レベル」領域のヒストグラムの下部にある「白レベルのスライダ」/「黒レベルのスライダ」/「グレイレベルのスライダ」をドラッグして適正なホワイト/ブラックにあわせコントラストを調整し、グレイでトーンを整えます。
3. 「四分割トーンレベルコントロールのボタン」を押すことにより、四分割された区間での調整ができるようになります。
4. 更に「チャンネル」ポップアップメニューから目的のカラーチャンネルを選んでカラーチャンネルごとに調整することができます。

レベルの解除

レベルを解除するには

「レベル」領域

チャンネル

輝度

輝度のヒストグラムを表示します。

 

RGB

RGBでヒストグラムを表示します。(※輝度はRGBの要素の合成された結果。この場合はRGB各ヒストグラムを同時に表示しているだけ)

 

赤/緑/青

各カラーチャンネルのみを表示

四分割トーンレベルコントロール

通常の2分割から更に分割して4分割でコントロールできるようにする

明るさレベルのスライダ

ヒストグラムの下部にあるレベルのスライダで指定された要素の明るさの調整をします

白レベルのスライダ

ホワイト(最明値)の明度を決めます

黒レベルのスライダ

ブラック(最暗値)の明度を決めます

グレイレベルのスライダ

グレイ(中間値)の明度を決めます。

B:G:W

現在の、B(ブラック)/G(グレイ)/W(ホワイト)の値を表示します。

自動レベル(結合)

RGBすべてを組み合わせたイメージの輝度情報をもとに自動補正します。

自動レベル(分離)

R/G/B各チャンネルそれぞれの輝度情報をもとに補正します。

自動補正

自動補正を使うと自動的にヒストグラムを判断して補正をおこないます。自動補正には2種類あり、輝度だけで判断する「自動レベル(結合)」、各カラーチャンネルで判断する「自動レベル(分離)」があります。また、調整作用に関しては環境設定で調整することができます。

標準

自動レベル(結合)

自動レベル(個別)

自動補正の設定

自動ブラッククリップ調整

ブラック(最暗部)とする値を調整します。値を上げることよってブラックとするポイントを明るい側に強めます。

自動ホワイトクリップ調整

ホワイト(最明部)とする値を調整します。値を上げることよってホワイトとするポイントを暗い側に強めます。

B : 0.1%
W : 0.1%

B : 5%
W : 5%
B : 10%
W : 10%

レベルの効果

明るさレベルのスライダ

ヒストグラムの下部にあるレベルのスライダで指定された要素の明るさの調整をします。下の例では左から3本目(0.27)にレベルのスライダを合わせた後に、対になる明るさのスライダを調整して3本目の明るさを調整しています。