目次

ノイズ除去

ノイズ除去によりイメージからのノイズを和らげます。ここでのノイズはおもにカメラのISO設定による高感度撮影時の発生しやすいデジタルノイズのことを想定しています。汚れ等のノイズとは異なります。

また、RAWの場合は「RAW微調整」の中に「ノイズ除去」も使えますが、JPEGやTIFF等の一般的なフォーマットの場合は、いまから紹介する「ノイズ除去」だけを使うことになります。

ノイズ除去前 ノイズ除去後

ノイズ除去の呼び出し

ノイズ除去

1. 調整アクションのポップアップメニューから「ノイズ除去」を選択
2. 「ノイズ除去」領域の「半径」スライダーを右に移動することによってノイズ感を和らげ、左に移動することで元の状態に。ただし、「半径」スライダーを右に動かし、ノイズ感を和らげることは同時にイメージの細かな質感を失うことになります。
3. 「半径」スライダーの効果で失われた質感を取り戻す為に「エッジ詳細」のスライダーを右へ動かします。効果を与えすぎると元々あったノイズを戻すことになる上に、エッジに違和感を与えてしまいます。

ノイズ除去の解除

ノイズ除去を解除するには

「ノイズ除去」領域

半径

ノイズ感を減らす為のブラー(ぼかし)効果を強度を調整します。

エッジ詳細

「半径」の効果で失った質感を取り戻すためにシャープ効果の強度を調整します。「半径」の状態に比例して効果の影響力が変わり、「半径」が「0」の場合には影響を与えません。