目次

ビネット

ビネットを使用するのことによって、後処理でビネット効果を得ることができます。

ビネット前 ビネット後

ビネットの呼び出し

調整アクションのポップアップメニューから「ビネット」を選択

ビネット

1. 調整アクションのポップアップメニューから「ビネット」を選択
2. 目的に応じて「タイプ」ポップアップメニューからタイプを選びます。レンズ等による自然な周辺光量落ちの効果を得たいのであれば「露出」。演出的な効果を狙いたいのであれば「ガンマ」を選びます。
3. 「強度」「半径」のパラメータを最大(右寄り)にすると効果の最大の範囲がわかります。ここからパラメーターを下げて(左寄り)にしていき効果のかかり具合を調整します。

ビネットの解除

ビネットを解除するには

「ビネット」領域

タイプ

露出

周辺の輝度を下げる調整をします。

 

ガンマ

周辺のミッドトーンを下げる調整をおこないます。印象的な効果になりますがハイライト要素が周辺にある場合はそこの部分は効果の影響が低いです。

強度

タイプで設定した内容の効果の強さを調整します。

半径

効果のかかる周辺からの距離を調整します。

ビネットの効果

「ガンマ」タイプ 「輝度」タイプ

---

「ガンマ」タイプ ※白の部分には効果が作用していない
「輝度」タイプ