目次

ホワイトバランス

ホワイトバランスを使うことによって、カメラ側で補正しきれなかったものや設定忘れたものの、ホワイトバランスを修正することができます。

ホワイトバランス前 ホワイトバランス後

ホワイトバランスの呼び出し

調整アクションのポップアップメニューから「ホワイトバランス」を選択

ホワイトバランス

1. 調整アクションのポップアップメニューから「ホワイトバランス」を選択
2. 「ホワイトバランス」領域の「ホワイトバランス」スポイトツールをクリックします。するとカーソルがスポイトの形状になります。
3. イメージ中のグレイになる部分(※)をクリックして選択します。カーソルの部分の100%の拡大と色輝度情報が表示されるルーペが表示されるのでこれを参考にします。これでホワイトバランスが調整されます。
4. 適切なグレイとなる部分が見つけられない場合や、「ホワイトバランス」スポイトツールの結果が好ましくない場合は「色温度」「色合い」のスライダーを使って調整します。

※ホワイトバランスをとる為にはイメージ中のニュートラルなグレイになるべき部分をスポイトします。どうしてでも「ホワイト」とつくので白色の部分を選択しがちですがこれは違います。ここで参照すべてきはグレイとなるべき部分で更に輝度が中間(L値が120前後)付近のものです。

ホワイトバランスの解除

ホワイトバランスを解除するには

「ホワイトバランス」領域

「ホワイトバランス」スポイト

ニュートラルなグレイを選択する為のスポイトを表示します。クリックと同時にスポイトの部分を表示するルーペーも表示します。

色温度

色温度を基準にニュートラルになるように補正します。ただし、ここでの色温度はイメージで使用されている照明をの色温度を想定しており、低い色温度を設定すれば、反対色となる寒色系の補正をかけ中和します。

色合い

「色温度」設定の調整軸では調整できない緑-マゼンタに方向の調整をおこないます。