目次

調整の追加/削除

調整を使うことによってイメージの補正、加工をすることができます。

調整の呼び出し方

調整の組み合わせ

呼び出した調整は「調整」インスペクタ内に並びます。効果は上から順に適用されていきます。そしてこの並びは順位が既に決まっており、順番を変えることは出来ません。この順番はイメージを処理する上で最適な内容になっています。例えば「トリミング」「赤目修正」「色収差」「ホワイトバランス」等は、加工を加える前の「下準備」の要素なので上の方(早い順番)に配置され、「カラーモノクロ」「セピア調」「ビネット」等の極端な加工、「エッジシャープ」等の「仕上げ」のものは下の方(遅い順番)に配置されます。

これらの順番に関しては「調整」ポップアップメニューに表示される順番が優先されます。

1.(筆者の)デフォルトの状態 2.ノイズ除去を選択 3.色収差とホワイトバランスの間に追加される

調整を多重に与える

調整の「アクション」ポップアップメニューの「新しい(調整名)調整を追加」を選ぶことにより一部調整では調整を多重化することができます。例えばシャープ系の調整は多重化することによって良い結果を得られる場合があります。また「ホワイトバランス」など、その効果の意味合いから多重化できないものもあります。

調整の削除